こどもとのくらしとデザインと@デザイナーYuka

現在育休中。WEB&グラフィックデザイナー。仕事や育児の事など。

IKEA ロースコグワゴンレビュー

保育園グッズやおもちゃなどが増えたため、収納ワゴンを購入しました。

 

ネット上では赤ちゃんグッズの収納に高い評価のこちらのワゴン。

*写真お借りしました

f:id:nisiyuka326:20190413002256j:plain

m.ikea.com

 

IKEAの家具なので組み立てが必要ですが、1時間程で組み立て完了。

 

早速溢れた姫さまの衣類などをしまってみましたが、仕切りのボックスなどを工夫すればかなりの収納力ですね。

f:id:nisiyuka326:20190413000235j:image

いろいろと便利そうだけど、整理整頓が苦手な私にとっては持て余し気味…💦

 

100均グッズなど使っていろいろと工夫してみたいと思います。

 

派遣の育休明けの復帰は難関

 今年4月、我が姫を0歳児の枠で運よく 第一希望の保育園に預ける事ができました。

f:id:nisiyuka326:20190411121422j:plain

↑ちょうど7ヶ月前の姫様。大きくなったもんです。

 

しかし、想定内とはいえ派遣社員という立場上、あらたに仕事探しをしなければならず、乳児を抱えての再就職先探しは困難を極めました。

 

派遣会社の営業にメール

まず保育園の内定が出た2月中旬、担当の営業にメールをしてみました。

産休前の職場から、仕事復帰できそうだったら連絡して、と言われてたのを思い出し、育休後の復帰に対して比較的前向きなお返事をいただいていたので、こちらの条件・・・保育時間の関係で終業時間を1時間短縮に、旦那のサポートは万全で急なお迎え発生時は旦那に対応してもらうため早退や欠勤は極力回避できる体制を整えている、との旨を伝えてもらいました。

検討していただける事になったのですが、社内の人事調整に時間がかかっているとの事でお返事をいただくまでに時間がかかり、その為、並行して他社も紹介していただく事になりました。

 

他の派遣会社や転職はNG 

 他の派遣会社での就業は転職にあたりNGとのこと(どうしても育休を取った会社からの就業が難しければ、証明書をもらった上で他社の就職やフリーランスも可能)だったので、小さな子供がいる前提での話をした上で、残業なし、朝の預かり会社時間8:30に保育園をでてから間に合う始業時間で、終業時間は18:00まで必須、との条件の中からの就業先探しは困難を極めました。

これまでの就職活動と比較して、書類選考通過率がぐんと下がり、厳しさを体感しました。

 

 

面談に進めたのは4月

何件紹介を受け、書類選考を通過して初めての面談まで進めたのは4月に入ってからでした。

派遣は就業日の直前で決まる事が多いとはいえ、4月中に仕事をしないと退園になるためヒヤヒヤやきもきしながら結果を待つ日々が続きました。平行し、万が一派遣元から仕事の紹介がなかった場合に備えて、開業届を提出してフリーとして仕事を開始する事も考えてました。

結局状況を理解して頂いた会社に3社面談の打診があり、そのうちの2社に面談に行き、そのうちの1社は産休前の職場に急遽空きが出たとの事で打ち合わせに行ける事になりました。そして、有難い事にどちらとも数日以内に内定を頂くことができました。

結局、2社面談した会社の1つ、産休前に勤務していた会社に復帰することに決めました。

 

産休前の会社に決めた理由

産休前の勤務時間、8時間以上の勤務が必須だったため、フルタイムの勤務にせざるを得ませんでした。

ですが・・・

元の職場は一年半も働いており仕事振りを評価して頂いていた事。

正社員はフレックス制のため勤務時間に対して柔軟な考えの職場であること。←重要

そして状況を理解して頂いた上での採用であり、突然のお迎えなど不測の事態などで早退やお休みする場合も理解してもらいやすいと思ったのです。

 

まとめ

派遣で保育園に預け働きたいなら…

  1. 育休は取れる条件が整っているなら、頑張って取ってください!実際、私は派遣会社で初の育休習得者でした。うちには制度がないから・・・と言われても交渉してみる価値はあります。私は習得できましたから。今は大手派遣会社なら育児休暇がしっかり完備されているようなので、保育園入れて働く事を考えるなら派遣会社選びも重要です。育児休業中は社会保険料額免除され、月額にして給料の2/3から1/2の手当で、お金の心配も軽減され、育児に専念できます。前職の月給によっては数百万円の手当金になる場合もあります。また、育児休業を習得する事により、保育園入園の選考が断然有利で、自治体によりますが、フルタイム派遣であれば正社員と同じ条件での加点になるところが多いようです。

     ▼過去記事に育休習得までの事を書いています。

    hirakukokoro.hatenablog.com

    hirakukokoro.hatenablog.com

     

  2. 派遣会社の営業とこまめに連絡を取って仲良くしておく!営業も人の子。仕事の紹介を優先的に回してもらえる状況を作りましょう。
  3. 産休前の派遣先で、しっかり実績を作っておく!好きな仕事、働きたい職場ならなおのこと頑張ってしっかりと仕事し、人間関係も円滑にして惜しまれながら退職する状況を作っておくと良いでしょう。選択肢を増やすという意味でも、復帰してもらいたい!と言ってもらえるのなら、育児中の状況下においては馴染みのある職場での勤務が楽です。

 

 

派遣で働きたいママさんのお役に立てれば幸いです。

慣らし保育と保育園準備品

4/1入園式を済ませました。

泣くこともせず大人しく、年長さんのお祝いの歌に歓声を上げてました。

f:id:nisiyuka326:20190404101248j:image

公園内なので広くのびのび遊べて、綺麗な園内施設で環境もバッチリ👌先生もしっかりと見てくれているのがわかり良い園に通わせられて良かったです😍

赤ちゃんを抱っこしているお母さんを見ると入れるの早かった?と今も悩むけど、1歳児のギャン泣きぶりを見て、もしかしたら、生後半年の今の時点で入れた方が慣れが早くて負担が少ない?と思っています。

 

そして今日慣らし保育3日目。

1時間から始め、今日は2時間でミルク授乳あり。教室出る前に覗き穴からしばらく様子見てたけど五分くらいで泣き止んでいたようなので少し安心しました。

 

ちなみに、預け入れ前の保育園準備品一式。

f:id:nisiyuka326:20190404103759j:image

 

毎週月曜日はベッドパッドと肌掛けのバスタオルを持っていくため、一泊旅行分ほどのボリュームです。日々の持ち物は必要着替えとオムツ、オムツ替えシートくらい。

お洋服は基本上下別別のセパレートが低月齢でも助かるとの事。ユニクロレギンスは丈夫で着せやすくて神ですね。

 

オムツ替えシートだけ手作りです✨ダイソーのハギレで作ってみました。

f:id:nisiyuka326:20190404103852j:image

 

手作りアイテムが少ないのは助かりポイントですね。

 

そろそろお迎えの時間。行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

保育園正式決定!

ようやく、区から保育園入園の正式決定が届きました!

 

f:id:nisiyuka326:20190326235144j:image

 

認可保育園の入園が厳しいと言われてるなか、ラッキーにも第1希望に入園が決まりました!

 

が、

 

まだ仕事が決まっていません。派遣ですが育休を取れたので、さらに区の加点は勤務時間でカウントの雇用形態を問わなかったため、フルタイム正社員と同じ条件での優先度となっていたためだと思います。

 

しかし、面接すら辿りつけてない現状。同じ派遣会社からの復帰が原則となっていて、動きにくい状況です。

 

派遣会社が他社やフリーでの就業を許可してくれれば落ち着けるんですが…交渉中です。

 

もし、来月中までに復職できなければ退園…(T_T)そんな最悪の事態避けるために対策考えています。

 

もう、就職活動中の人も皆入れれば良いのに。。そもそも預け先なければ就職活動もままならないのですから。少子化の要因の1つになっているのは間違いない。

 

非正規の女性の子育てと仕事の問題や保育園問題を少しでも解決に向けていく活動ができたらな、との思いが湧いてきています。

まずは、一個人であっても声を上げていく事が一歩に繋がっていくのではと思っています。

 

 

あがり症克服

 

火曜日かさこ塾再受講行ってきてもう一つ痛感した事。

 

卒業生も1分プレゼンするんですが、もう、グダグダでした。

 

久しぶりに家族友人以外の人と話す機会っていうのもあったんですが、

プレゼンテクニック以前に・・他の人にいかにして伝えるかって言うことよりも、失敗したら怖い、周りの視線が恐怖でしょうがない。物心ついた頃からそうでした。

 

転職活動は恐らく8回以上(それ以上?)しているのですが 、思っている事を伝えられない事が本当に多いんです。

 

これから、フリーで活動しようとかなると、自分のサービスをきちんと説明できないのは致命的なので、少しずつ克服していかなくては。

 

時間を調整して、あがり症克服のためのプレゼン講座でも受けようかと思います。

 

f:id:nisiyuka326:20190322025926j:plain

我が家の姫様は日々成長しているのにね。。。 

 

 

 

前回の記事はこちらから↓ 

 

hirakukokoro.hatenablog.com

 

 

 

 

残りわずかの育休の過ごし方・・・「かさこ塾」再受講

 

f:id:nisiyuka326:20190320025825j:plain

f:id:nisiyuka326:20190320025841j:plain



数年前に5期生として受講した「好きを仕事に」でおなじみのかさこ塾を再受講してきました。

 

塾長のHP

好きを仕事にする大人塾かさこ塾 – 好きを仕事にするためのセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾

 

塾長のブログ

kasako.jp

 

前々から再受講をしてみたいと気持ちは持っていたものの、タイミング合わずで。

 

そして今回・・・

かさこ塾の開催はあと数十回で再受講のチャンスはあとわずか。

育休中で仕事をしていない今、平日開催の回に行けるのは今しかない!

しかもバスで一本で行ける上野で開催される!

主人に姫様をみてもらう事が出来た。

などなどが重なり再受講にいくことができました。

 

内容は他の方のブログで詳しく書いていると思うので省きますが・・・

 

同じ話は2回聴くと、理解度が断然違います。そして、塾長のかさこ氏の話を久しぶりに聞き、ブログ更新し、継続することの大切さを改めて再確認できました。

 

滞りがちなブログ更新ですが、私の場合、もっと気軽な感じで取り組むのが長く続けるコツかもしれません。上手く書かなくちゃって気負いすぎると楽しめなくなるのかもしれない。。って事にも気がつけました。

 

受講者はパワフルな方が多く。久しぶりに、好きなことなどいろんな方面で精力的に活動している仲間の話も聞けて、この頃育児ボケしていたので・笑 とても新鮮でした。同業の方との出会いも嬉しく、良いご縁に期待したいと思います♫

 

ちなみに興味あったら受講をぜひ検討してみてください。

ameblo.jp

 

また、育児と仕事を両立する上で働き方を考えているタイミングでしたので、この再受講は良いタイミングだったな、と思います。この機会に、スキルの棚卸しをし、受講生と便乗して、経歴作りと、サービスメニュー作り、名刺のブラッシュアップ、来週できるところまで頑張ります。

 

ある程度固まったら、こちらのブログでも紹介していきます。

 

 

 

前回の記事はこちらから↓ 

hirakukokoro.hatenablog.com

 

 

 

 

保育園準備の事

姫様の入園まで1か月を切りました。 

 

内定書をもらった後保育園に何回か通い、健康診断、面談を済ませて、正式入園の返事を待つばかりとなりました。

 

いろいろと買い揃えて準備を進めています。

 

通う予定の保育園は、基本作る物が無いところがラクチンです。唯一オムツシートは手作りしても良いが、市販のモノで充分だとの事でした。お昼寝布団買わなくちゃ?と思ったけど園で用意してくれるそうで、お昼寝パッドとタオルを用意すれば大丈夫との事。

f:id:nisiyuka326:20190316015940j:image

 

服装は、フリース、フード付き、スカート、ワンピ、スカートパンツ、デニムは🆖カバーオール、ロンパースは0歳クラスは良いとのこと。

 

f:id:nisiyuka326:20190316020411j:image
f:id:nisiyuka326:20190316020408j:image

▲出産祝いで70、80センチのお洋服は可愛いものばかりで保育園着に使わせて頂きます✨特にGAPやメゾピアノは嬉しかったです💖他は西松屋ユニクロ、メルカリ、アマゾンで揃えました。女の子の服選びは楽しい♪女の子で良かったと思う事の1つです。

 

f:id:nisiyuka326:20190316020403j:image

▲メルカリはブランド物のお下がり美品を格安で譲ってもらいました。お下がりなのにとても綺麗で可愛くて良い買い物でした。

 

後買い揃えるものは、オムツシートを何枚か作って、ユニクロで肌着を買うくらい。

 

後は正式な入園通知を待つのみ。

 

私の仕事がまだ決まりませんが…💦

 

保育園でいろんな体験をさせてあげられるのはとても楽しみですが、ちょっと早かったかな?って思いもあり。私自身育児がとても楽しくて毎日があっというまだったから。かと言って、仮に後一年入園伸ばしたとしても、後一年かぁ…ってなりそうな気もします。期限マジックなんだろうか。

 

 

 

保活について、書いてきた以前の記事はこちらから↓

 

hirakukokoro.hatenablog.com

 

 

hirakukokoro.hatenablog.com

 

 

hirakukokoro.hatenablog.com

 

 

hirakukokoro.hatenablog.com